産後高血圧治療における食事療法とミカルディスの使用

アンジオテンシン2受容体拮抗薬であるミカルディスはその副作用の少なさと有効性の高さから高血圧の治療においてはよく選択されるものです。他のアンジオテンシン2受容体拮抗薬と異なる特性を持っていることからも注目されることが多いのがミカルディスであり、高血圧を中心とした生活習慣病の治療において高い評価を得ています。
しかし、ミカルディスを使用する際に気をつけなければならない点があります。それは妊婦や産後の女性に対して使用することができないということです。妊婦や妊娠している可能性のある婦人には投与しないことというのが注意事項として挙げられており、投与中に妊娠が判明した場合には投与を中止することとされています。これは妊娠の中期から末期にかけて投与した際に胎児や新生児への影響が報告されているからです。産後においても授乳によって同様のリスクがあることからミカルディスなどのアンジオテンシン2受容体拮抗薬は用いることができません。もし産後に重篤な高血圧となって降圧剤による治療が必要となる場合には他の安全性の高い降圧剤を用いるか、授乳を中止して高血圧の治療に徹するということが必要になります。
産後高血圧は数ヶ月の期間を経て正常値に戻る人が多いのが特徴ですが、その治療に際しても基本的には通常の高血圧と同様に血圧を降圧剤によって管理しながら、食事療法を中心とした生活習慣の見直しによって行われていきます。授乳に対する強い意志がある場合には降圧剤を使用しない場合もありますが、根本治療となる減塩や野菜の摂取といった形での食事療法が続けられていきます。また、運動をする習慣をつけることが高血圧の開園につながることがあるため運動療法が併用されることもよくあります。